「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「長崎ぶらぶら節」 | main | 「あめゆきさんの歌」 >>
「みちのく女郎屋蜃気楼
〜アネさんたちの昭和史」 


「みちのく女郎屋蜃気楼〜アネさんたちの昭和史」
伊達一行 /學藝書林
 

親不孝橋を渡って「娼妓」になったアネさんたち。
秋田県の娼家に生まれた著者が元アネさんだった女性たちを訪ね、聞き書きをしています。
ただ体験談を綴っているとかいうものでは無く、そこには「アネさんたちの生きざま」が真昼に咲くひまわりのように綴られている気がしてなりません。
でも最後の2行に込められた言葉を胸にしまった瞬間、
ひまわりの根っこを垣間見た気がしました。
2006.02.06 Monday | * 書名 ま行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/38
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。