「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「にっぽんぱらだいす」 | main |
「赤線最後の日」


「赤線最後の日 昭和33年3月31日」

にっかつ・・日活。なんだか観たかった作品だったけれどポルノチックなのかしら・・
と、再生する手が迷ったけれど(そんな歳でもないけれど)、飛び込んできた鮮やかなカラーで蘇った“売春防止法が施行される前夜”には魅せられました。
女性たちと男性客との間に芽生えては散る不思議な感情がふわふわと伝わってきました。
洗浄器がちらりと映っていました。ほほぅ・・と思いました。


「赤線最後の日 昭和33年3月31日」1974
監督:白鳥信一
出演:宮下順子 、中島葵 、芹明香 、風間杜夫
2008.03.22 Saturday | * 映画 | - | -
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。