「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「遥かなる日本人」 | main | 「黒い潮」 >>
「アフリカに渡った日本人」


「アフリカに渡った日本人」青木澄夫/時事通信社

アフリカのからゆきさん・・・。
からゆきさんと聞けば東南アジアを思い浮かべる人が多いけれど、
明治〜昭和初期まで世界中に「からゆきさん」は存在しました。
本書はかつてアフリカに渡った熱き血の日本人を背景に、
アフリカで生きたからゆきさんについて詳しく記されています。
全体的に興味深い内容が多く、アフリカに魅せられた人達が手にする本と言うのも納得できます。

この本の中に「娼婦 海外流浪記 もうひとつの明治」という書籍が紹介されていますが、著者は宮岡謙二氏。大阪商船で世界を駆け巡った後、別府でホテルを経営したらしいです。しかも別府では有名なホテル。
どうしても読んでみたいこの本、なかなか手に入らず大分中の図書館にもありません。

数年前にわたしの頭の中に知識としてあった「からゆきさん」。
自分なりに様々な角度から感じてきましたが、
今はもう、
今はもう、心の中の大きな存在になっています。

Amazon
アフリカに渡った日本人
アフリカに渡った日本人






2007.05.03 Thursday | * 書名 あ行 | - | -
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。