「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「赤線地帯」 | main | 「からゆきさん」 >>
「噂の女」


「噂の女」

京の島原。
ごっそり脳みそに入ってしまった。
御茶屋兼置屋「井筒屋」の母(女将)と娘の葛藤を描きながら、
そこに生きる女性たちの苦悩がしっかりと描かれている気がします。
取り巻く色町の環境も人間模様も島原色で、
吉原とは違う、あたり前の事を再確認してしまいました。
こんな映画を観ることができて胸がいっぱい。
最後のシーンが素晴しい!
かつての島原太夫の威厳とはほど遠い、近代の太夫(こったい)の口からこぼれた言葉。
高下駄で歩く後ろ姿に魅入ってしまいました。


「噂の女」1954
監督:溝口健二
出演:田中絹代、大谷友右衛門、久我美子、進藤英太郎、見明凡太郎 


* 最近は、かつての遊里を描いた素晴しい映画を観る機会に恵まれることができ倖せな毎日です。お名前は伏せさせていただきますが、人の出逢いに深く感謝しています。

2007.04.02 Monday | * 映画 | - | -
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。