「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「瀬戸内の民俗誌」 | main | 「石の蝶」 >>
「冬の花―悠子」


「冬の花―悠子」植草圭之助/中央公論社

昭和16年、吉原遊廓から足抜きさせた女性との恋愛や友情、
暗い時代を背景に著者の青春時代を綴った実話だそうです。
映画の脚本のようにイメージでき、吉原遊廓や当時の等身大の若者がリアルです。





2007.03.06 Tuesday | * 書名 は行 | - | trackbacks(2)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/170
この記事に対するトラックバック
Tracked from 日本邂逅 at 2007/03/13 8:58 AM
タイトル : 【吉原遊廓】について
吉原遊廓吉原遊廓(よしわらゆうかく)は江戸幕府によって公認された遊廓。はじめは日本橋 (東京都)|日本橋近くにあり、明暦の大火後、浅草寺裏に移転し、前者を元吉原、後者を新吉原と呼んだ。江戸に遊郭を設置する際に大御所徳川家康の隠居地、駿府城(現在の静岡)城
Tracked from ブック エス 〜本・書籍情報の電子かわら版〜 at 2007/05/01 6:17 PM
タイトル : ブログ開設の案内
今後もよろしくお願いいたします。 トラックバックアドレスは下記のアドレスです。 http://blog.seesaa.jp/tb/34059468
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。