「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「別府―近代の宝庫」 | main | 「遊女の江戸」 >>
「黄金伝説」


「黄金伝説〜近代成金たちの夢の跡〜探訪記」
荒俣宏/集英社


第十二章“町おこし”産業の宿命−遊廓王 [中村(名古屋)篇]の中で
中村遊郭についての記述が載っています。
中村遊郭の中でも特に有名だった3つの妓楼のうち、
旧稲本楼の料亭の老主人や松岡旅館のご主人からの聞き書きもあり読み応えがありました。
珍タイプの遊廓王として有田音松という人も出てきます。
中村遊郭の資料としてはおすすめです。

「どっちにしろ、
かつて日本には、
実に奇妙なまぼろしの産業が存在した。
その名を、
遊廓という。」

最期の一行です。






2007.03.06 Tuesday | * 書名 あ行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/165
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。