「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「木浦鉱山むかし物語」 | main | 「遅咲きの女たちの遺言」 >>
「20世紀の遺跡―現代風俗2002」


「20世紀の遺跡―現代風俗2002」
現代風俗研究会(編集)/河出書房新社


「花街〜異空間の都市史」の著者、加藤政洋氏が「消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡」と題して大阪と地方の花街(富山県)の花街をさらりと言及しています。
個人的には、最期の方に書かれている「花街を探訪するために」と、
「花街残照」の部分に興味アリ。
モノクロですが旧遊廓の写真も載っています。

わたしも、かつての花街を戦前の都市地図から検証されている方にいつも色々とご教示いただくのですが、本当に有難く思っています。





2007.01.30 Tuesday | * 書名 な行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/157
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。