「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「甘露梅」 | main | 「不思議の町 根津」 >>
「あじさい坂」


「あじさい坂〜かつて、この国には女性という奴隷がいた」
池田 津/自費出版


主人公、大学院生の典子が公娼私娼について調べようと、
かつて玉の井に身を沈めた女性に取材するかたちで物語りは進むのですが、
現代女性の恋とも重ね合わせて書かれている文章に惹き込まれます。

著者の丁寧な取材や調査のもとで書かれた小説ですが、
投げかけたテーマは重く、深いです。
同じ女性としてもっと多くの方に読んでいただきたいと思います。

自費出版ということで冊数が少ないです。
読んでみたいという方は私宛にメールをいただければご紹介させていただきます。






2007.01.04 Thursday | * 書名 あ行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/153
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。