「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「妊婦たちの明日」 | main | 「日本女性哀史」 >>
「廓 上・下」


「廓 上・下」西口克巳/新日本出版社

京都、伏見の遊廓に生まれ育った筆者の私小説として有名な長編小説です。
女郎屋という父の人生と前後して自分の人生観に苦しむ自らの姿が痛々しいです。
時代とともに歩んできた廓主や関係者たち、政治家の生々しい歴史が綴られています。
廃娼運動や戦時下の慰安婦問題なども含めたこの本は少なからず売春防止法に絡んだようです。





2006.09.19 Tuesday | * 書名 か行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/145
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。