「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 三島由紀夫の「金閣寺」にて。 | main | 「一葉のきもの」 >>
「東京の下層社会」


東京の下層社会〜明治から終戦まで」
紀田順一郎/新潮社


つい100年ほど前の日本の社会・・下層社会をきちんと書いている書物を読んでみてはどうですか?その中に位置されている女性史をどう考えますか?
そんなメールを頂きました。
で、読んでみました。

かなり広い範囲で当時の日本の現状が書かれています。
思わず眉をひそめる箇所もあって複雑でした。
娼妓のところでは「光明に芽ぐむ日」も収録されています。
女工たちの悲惨な実態。
なんだかもぅ、知識として知っているのですがそこをさらにパンチされた気分で本を閉じました。
貧困社会の実状は想像以上に凄くてダウンしたまんまです。

こんな犠牲の上で成り立っている現代社会のあり方を問う内容だったし、
所得格差が広がる現代に生きる私たちが知っておくべきことは、
内容以上にこの下層社会を命をかけてレポートし、残した先人たちの存在かも知れません。



2006.07.19 Wednesday | * 書名 た行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/127
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。