「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「かごしま女性解放史」 | main | 「北へ・・・異色人物伝」(続) >>
「日本花街史」


「日本花街史」明田鉄男/雄山閣出版

うわっ、(・ω・ノ)ノ !
5cmもあろうかというこの本。
まさに日本の花街パラダイス。
すごい歴史書。

・遊女の発生と花街の形成
・京都花街史総説
・近世京都花街の盛衰
・維新後遊郭の変貌
・全国遊里案内
・「くるわ」の風俗
・遊里の服飾
・遊里勘定帳
・名を遺した名妓たち
・虚飾の内幕
以上の十章(さらに細かく分類され詳しい記述に目もくらむー!)から成り、起承転結の4つから構成されています。
附章として「男色の世界」、
更に資料編では遊女や名妓の一覧、揚屋名と廓主の一覧など。
引用文献、参考文献に至っては・・ハナヂジェット!Σ(д゚|||ノ)ノ

とにかく狂わんばかりの資料の横綱。
『色道大鏡』の言葉を借りるべく京都の花街を視点に書かれています。
が!すごーい一冊。






2006.07.12 Wednesday | * 書名 な行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/123
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。