「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「長崎出島の遊女」 | main | 「廓の娘」 >>
「長崎丸山花月記」


「長崎丸山花月記」山口雅生/清文堂出版

ずっと読みたかった一冊。
著者は丸山遊郭の花月の十七代目。
そりゃそりゃ読みたくなるのはあたりまえ。
と、早々読んでみたものの著者の半生に大きく関わった美術関連の記述の方が多い内容でした。
もちろん、あの丸山で生まれ育ったのですから、
他の書籍には無い丸山の活き活きとした日常がひしひしと伝わってきます。
実際に丸山町と寄合町を歩いたので感慨深い箇所がたくさんありました。

この本は著者の頭の中のメモを覗いてる感じかなぁ。
つまり、自分の一生を忘れず書いておこ。みたいな。





2006.06.22 Thursday | * 書名 な行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/117
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。