「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
<< 「首塚巡礼 花魁道中」 | main | 「梅毒からエイズへ」 >>
「大地の子守歌」


「大地の子守歌」/素九鬼子/筑摩書房


自由奔放で純粋、勝気で芯が強い少女りん。
13歳で御手洗に売られてしまう。
哀しい小説だとは言い切れない、かも知れない。かも。
大自然を両手に仰ぎ、野性的で本能のままに生きた少女の躍動感がひしひしと伝わってくる。
そして御手洗のおちょろ船に関する記述も興味深い。

原田美枝子さんが主演で映画もあるらしい。
観てみたいなぁ。
著者の素九鬼子さんは1970年代後半から行方がわからないとのこと。
2006.04.23 Sunday | * 書名 た行 | - | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008.05.05 Monday | - | - | -
トラックバックURL
http://fuu-books.jugem.jp/trackback/109
この記事に対するトラックバック
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。