「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
「吉原手引草」


「吉原手引草」松井 今朝子/幻冬舎

とにかくお奨めです!!と、深夜にお電話をいただき、
いつも遊里のことにご教示頂いている先輩の言葉に素直に頷きながら早々とページをめくりました。

直木賞作品というだけあって読み応えは十分です。
江戸っ子の語り口に引き込まれながら、いつの間にか吉原の構造を知ることができます。
しかも竹村伊勢の饅頭も出てくるし、吉原の資料をたくさん読んだ方なのかなぁと思いましたが、著者は歌舞伎関係のお仕事をされていたんですね。
ご本人も吉原界隈を歩かれたとか。
著者のインタビューはこちら。←すてきな女性です!

わたしも皆さんにお奨めしたい一冊です!

吉原手引草
吉原手引草
幻冬舎




2007.09.03 Monday | * 書名 や行 | - | -
「遊女の江戸」


「遊女の江戸〜苦界から結婚へ」
下山弘/中央公論社


遊女のその後〜。
あまり資料としては残っていないし、
遊里に生きた女性たちが大門を出てからの人生など想像できたのだろうか。
本書は遊女のその後を随筆から拾ってストレートに綴っています。
様々なその後の人生の中に見えてくるおんなの祈りを愛しく思います。






2007.03.06 Tuesday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊女風俗姿細見」


「遊女風俗姿細見」足立直郎/展望社

「遊女」とひとくちに言っても時代や地方などにより様々な呼び名があるのには驚きます。
細やかな解説や、図も多いです。
江戸の風俗資料、湯女に関することを知りたければ必読!とご紹介いただいたのですが、
途中で飽きてきたのです、スミマセン。。。
わかりやすく表で書かれていた「遊女売娼婦異名考」、これはしっかりと読みました。




2007.01.30 Tuesday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「横浜チャブ屋物語」


「横浜チャブ屋物語〜日本のムーランルージュ 」
重富昭夫/センチュリー


第一章 ハマの歴史、チャブ屋誕生秘話
第二章 文学に描かれたチャブ屋風俗
第三章 古き良き時代のチャブ屋体験

この三章の中にぎゅーっと詰まってます。
本牧のチャブ屋。
あの淡谷のり子さんの「別れのブルース」の舞台でもあります。
ノスタルジィな横浜の寝顔が見えてくるような本です。
豊富な資料と聞き書き、
何よりもチャブ屋は横浜の文化のひとつだと信じて疑わない著者の姿勢が素晴しい。
ぜひ読んで見てください!

本牧のお浜さん、メリーさんという実在した女性の書籍も読んでみたいです。
メリーさんに関しては映画になっています。






2006.08.19 Saturday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊女の文化史」


「遊女の文化史〜ハレの女たち」
/佐伯 順子/中公新書


「性は聖なるもの」という色が濃すぎる気もしますが、
著者の視点の中に考えさせられることもあり興味深く読みました。
賛否両論のこの本。
感想を書くまでには至りませんが、
「遊女の文化史」のひとつとして頭に入れておきます。






2006.04.02 Sunday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊女歌舞伎」


「遊女歌舞伎」/高野 敏夫/河出書房新社


「遊女」と「歌舞伎」。
最近小さくマイブームです。
慶長8年から寛永6年までの26年間、
芸能とも遊女稼業とも言いきれない奇妙な形態の「仕掛け」、
まさに遊女歌舞伎の原点を探っています。

アンポンタンな私ではイマイチ難しくもありましたが、
なんだかキランと光った「遊女歌舞伎」。





2006.03.15 Wednesday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊里」


「遊里」/鷹山 たか子/郁朋社

昭和初期の洲崎遊廓で生きた女性の物語です。
山あり谷ありの長い小説。
2006.03.15 Wednesday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊女の生活」


「遊女の生活」中野栄三 /雄山閣

同じく「廓の生活」も読みました。
うーん・・読んだとは言えないかな、内容が恐ろしく詳しいもの。
参考資料にさせていただいてます。
寝る前に少しづつ眺めています。
まだまだ知らない発見がいっぱいです。
遊里とは何ぞや?を通り越して、その生活を垣間見たい方にはかなりおすすめです。
2006.02.06 Monday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「遊女」


「遊女」西山松之介(編)/東京堂出版

吉原を軸にして項目別にわかりやすく「遊女」に関する様々な事柄を読むことができます。
読み応えのある一冊です。
2006.02.06 Monday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
「吉原御免状」


「吉原御免状」隆慶一郎/新潮文庫


何度読んだろう。
読むたびに面白く感じる小説だと思います。
「艶かしい吉原」を背景にしている本では無いから面白いのかも。
でも吉原遊郭の細かな描写はとても参考になります。

著者の「一夢庵風流記」が原作になったコミック「花の慶次」にうつつをぬかした十代のわたし。
2006.02.06 Monday | * 書名 や行 | - | trackbacks(0)
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。