「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
「名所探訪 地図から消えた東京遺産」


「名所探訪 地図から消えた東京遺産」
田中聡/祥伝社


地図から消えた東京の名所。
その中の5章に「遊郭という場所があった」として、吉原・玉の井・洲崎が紹介されています。
他には、築地に外国人居留置が開かれるにあたり、明治元年、隣接する新冨町に「新島原遊郭」が設置されたことが書かれています。
長崎の出島を模して作られたというこの遊郭は、吉原の遊女が発起人でしたが明治4年には閉鎖されています。

Amazon
名所探訪 地図から消えた東京遺産
名所探訪 地図から消えた東京遺産



2007.08.07 Tuesday | * 書名 ま行 | - | -
「モナ・リザは歩み去れり
〜明治四十年代の吉原」 


「モナ・リザは歩み去れり〜明治四十年代の吉原」
近藤房江 /講談社
 

装画(表紙)の「太夫」がとっても好き。
詩人高村光太郎の「失はれたるモナ・リザ」を背景に淡々と著者のリズムで書かれている吉原。
睡魔が何回か襲ってきたけれど、もう一度じっくり読まなくっては!の一冊。


***後日(10ヵ月後)、再読しました***

前回はどうして睡魔が襲ったのかわからないくらい一気に読みました、わたし。
実際に吉原で下新で働いていた小島ふよさんの回想が鮮明で、明治40年代の吉原の様子を痛いくらいに知ることができます。
実在した花魁も多数出てきて、ひとりひとりの個性をもわかる気がするほどリアル。
当時の文豪との係わり合いもさらにリアル。
普通の吉原本には書いていない箇所を見つけるたびに筆者が女性ならではの感覚を感じます。
浄閑寺の本堂の各天井の一桝の話なども。
おすすめしたい一冊です。

2006.02.06 Monday | * 書名 ま行 | - | trackbacks(0)
「ものいわぬ娼妓たち−札幌遊廓秘話」 


「ものいわぬ娼妓たち−札幌遊廓秘話」
谷川美津枝 /みやま書房


欲しいと思いつつ「購入予定リスト(なんじゃそりゃ・・・)」に書いていたこの本。
いつもお世話になっている方の後押し(笑)で購入して一気に読みました。
聞き書きなので心にぐんぐん迫ってくるものがありました。
ちょっと感想にならないくらい心に残る大事な一冊です。
 
2006.02.06 Monday | * 書名 ま行 | - | trackbacks(0)
「みちのく女郎屋蜃気楼
〜アネさんたちの昭和史」 


「みちのく女郎屋蜃気楼〜アネさんたちの昭和史」
伊達一行 /學藝書林
 

親不孝橋を渡って「娼妓」になったアネさんたち。
秋田県の娼家に生まれた著者が元アネさんだった女性たちを訪ね、聞き書きをしています。
ただ体験談を綴っているとかいうものでは無く、そこには「アネさんたちの生きざま」が真昼に咲くひまわりのように綴られている気がしてなりません。
でも最後の2行に込められた言葉を胸にしまった瞬間、
ひまわりの根っこを垣間見た気がしました。
2006.02.06 Monday | * 書名 ま行 | - | trackbacks(0)
「明治フラッシュバック・遊郭」 


「明治フラッシュバック・遊郭」
森田一郎 /筑摩書房


「遊郭」のみの古写真集です。
素晴らしい古写真がたくさん掲載されています。
不思議なことに明治〜昭和の遊廓の写真はきわめて少ないそうです。
わたしも色々な遊廓の古写真を見ましたが、この本の中の古写真は貴重です。
かつての遊廓を知りたい方はぜひ見ておくべき本だと思います。

格子の向こうに座る女性たち、無気力な花魁。
色彩も美しく当時の風の匂いを感じた気分になります。

遊廓
遊廓



 
2006.02.06 Monday | * 書名 ま行 | - | trackbacks(0)
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。