「虎が雨。」 books&films

遊里に生きた女性たちの書籍、それらに関する映画などを
自分なりの感覚で綴っています。
勝手気ままな感想ですが、何か参考にして頂けたら幸いです。
* 遊里関連に関係なく斎藤真一氏の書籍も紹介しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.05 Monday | - | - | -
「私のソーニャ」


「わたしのソーニャ」
八木義徳/講談社


著者の戦後の代表作。
そして私小説として有名な作品。
こんなふうな小説・・・
苦界に生きる女性とのかかわりの中で彷徨える自らの魂への自覚を促す感じの作品って多いなあ。
男のひとってさあ・・・とか思います。
わたしがあと20年くらい生きたらわかる部分なのかもしれません。
わからないかもしれないけれど。





2007.03.06 Tuesday | * 書名 わ行 | - | trackbacks(0)
(。ゝω・)ノCLICK!

旧花街、遊廓街を風のように通り過ぎたささやかな記録のサイトです。
(。ゝω・)ノ☆
BLOG RANKING
挑戦中デス。